新築の床選びやキズで悩むより人と犬が後悔せず快適に過ごせる方法!

  • 2022年3月3日
  • 2023年4月6日
  • ハウス
  • 379view
アフィリエイト広告を利用しています

新居って本当!キズとか腫れ物にさわるような感じ!でもつかの間!

新築を建てるとなって、入居前にいろんな打ち合わせをしたり、キッチンはどこのどんなやつとかトイレは?お風呂は?まあ、それは、有意義な凝縮された時間を過ごしたもんです。

当時を振り返ると!?

その振り返って、いまだに一番家の中で目立つ、そういえば一切打ち合わせも何もしなかった、箇所が、しかも自分では、ほぼ意識0の場所が、あることに気づいたのです。

そう、このタイトルにもある『床』です!!

結論を先に言っちゃうと、床を、どんなタイプにしようが、遅かれ早かれ、キズや凹みが100%の高確率でできちゃうってことです!

これって家の中で真っ先にキズが出来る箇所が床でしょう!多分絶対!だれでも知ってる引力の法則が働くからに他ならないからです。

そんな、キズや、汚れや、ほこりのオンパレードで、けど床がなければ生活できないそんな大事な家の場所『床』のことを、新築で気にしてあげれなかった、標準仕様のフローリングで、早17年、よくぞ我が家の床は耐えております?!

そしてその床との関わりの深い極めつけが、最近(もう3年になりますが)家族が一人いや、一匹、これまた、床も大事ですが、こちらももっと大事な、小型犬シーズー犬が仲間入りしました。

いよいよ、本題に入りますが、わんちゃんが増えて、こんなに床が重要とは、思いもよりませんでした。

すでに室内犬を飼われている方や、これから飼おうと予定されている方、犬さんに限らず猫さんでも予定があれば、新築を建てるなら、床のことを考えてあげて下さい。

この記事では、そんな、愛犬家や動物達と我が家で過ごされる方向けに、いかに床が丈夫で、汚れや、キズに強い床であれば、精神衛生上、長期の生活を送る上でよろしいかの記事になっておりますのでご参考に!

新築に入居して数年で見て見ぬふりをすると決めた事!ベスト5

  1. 一番は、この記事の言いたいこと→床のキズや凹みは、120パー防げない!!多分それ以上
  2. 壁クロスの亀裂
  3. 玄関ポーチタイルの汚れ
  4. 2階の天井クロスが裂けてきたこと
  5. キッチンのガスレンジの油汚れ

1~5は、みなさんの場合、全く違うところが、気になるところになっているかもしれません。

その前に、時間を戻して、新築を建てると、施主検査と呼ばれる、立ち会い検査があります。

その時点でもし不具合や、これは、補修でしょ!とか、いやこれは、やり替えでしょ!とかあれば、引き渡し前の最終残金を払う前までに、きれいにしてもらえます。

そして晴れて新しいお家に引っ越せるそんな儀式があります。

こんな施主検査と呼ばれるご都合の良い検査であれば、何ら問題ありませんが、いかんせん、入居してからが、大変です。

キズが気になる人にとって精神衛生上、よろしくないのは!

ハウスメーカーや、工務店によっては、入居後、半年点検 1年点検 2年点検とアフターをしてくれます。

が、この間というのは、ある意味、施主(あなた)の都合で、キズをつけても、いやーこんなの知りませんでした!!これって最初からでしよ!?

みたいな感じで、アフターに応じてくれるとは、まあー思いますが。。。。?

ですが、ですがですよ、人間様というのは、身勝手でどうしようも無い生き物です。

入居仕立ての頃は、目に見えないキズまで騒ぎ立てていたのに、定期点検も落ち着いてきて、しばらくすると、観念するんでしょうか?

あきらめの境地になるのか、大概の方は、慣れちゃうんでしょうね。

でも相変わらずキズには、敏感ですが、いつしか、見て見ぬふりか、自然消滅的に、意識から遠のいていくというか。。。そんな感じになります。

私が上記NO,1~5の諦めの境地になったのは、(NO4は、ちょっと特殊ケースですが、自分なりに原因を理解して、もーいいか にしました)家自体もそうですが、内部の仕上げも、人や家族が、限られた空間で長年過ごせば、汚れもすれば、経年劣化も進みます。
 
メンテも必要です!ってことです。

快適に過ごすことは、メンテとの闘いの繰り返しなのです!!

そんな闘いに降参したのが、1~5に上げた部位です。

NO,2の新築工事中に見るクロスの亀裂防止方法の参考記事は、こちらを参考に↓

関連記事

クロス選びって何を基準に選べばいいか悩んでいるあなたにお答えします 色の選び方が分からない模様やアクセントはどうしたらいいのそもそもクロスって材質や特徴はあるの?クロスは、メンテが必要なの? このような疑問にお答えします[…]

NO,3は、簡単に激落ちくんできれいになることがわかってからは、いつでも汚れ落とせるわで見て見ぬふりです。

NO,4は、いつかダスキンさんでも頼めばいいっかの結論で見て見ぬふり決めました。

油ほんと大変!!

そんなこんなで、新築は最初の数年で、汚れや、傷みに鈍感にならざるおえない状況に追い込まれます。

中でもダントツ1位が、床のキズや凹み紫外線の劣化だったということでした

ちなみに床はリビング(引き渡し時は、ワックス塗装でした)で、何回もワックス掛けを、シーズンごとに年4回は、やってましたが、気づくと年末の大掃除くらいに減ってました。

が、しかしこの気づきが最終局面へと向かうぜひとも皆さんに意識して欲しい床の快適さが何なのかをお知らせします。

やっぱり部屋の各間取りで用途や好みに合った床材を選ぶべき理由

ちょっとここで、床材を選ぶ時にみなさんは、どんな基準や理由で選ぶでしょうか?

私の場合は、一切何も考えておりませんでした!!

覚えているのは、床の色具合は、3~4種類の中から選べまっせくらいのノリで、他の扉建具とか玄関ドアーは何にする?くらいの工務店さんから渡された標準カタログから、直感的に選んだだけです。

我が家の家の間取りは、4LDKで和室が1部屋と3部屋がフローリング床の洋室となっています。

LDKもフローリング床(一応複合貼りタイプの一般的なやつです)で、この家族一同が介する、このリビングの床を、キッチンも含めて、よーく考えて、とりあえずは、考えるだけでもすれば良かったと、今更に思いました。

話は、それるかもですが、和室は、畳なので(畳は、当然簡単に新調できます 最近新調して6畳なので、熊本県産いぐさで※¥85000ほどかかりましたが超気持ちいい匂いで包まれています)他の部屋に無い空間が存在しますので、おすすめです。
※既存畳の処分代も込みで納期は約1Wかかりました。
ペット用にいぐさではなく樹脂畳にもできますが、あのいぐさ特有の癒やしな匂いは、ありません。

そんな畳の良さを書いているこちらの新築間取りの失敗しない考え方の記事をご覧ください↓

関連記事

これから新築を建てようとしているあなた。間取りこそ生活する上でよ~く考えて決めておく必要があります。何をどのように間取りを考えたら良いか分からないあなた。この記事を読めば後悔しないストレスフリーの間取りが実現できます。 もしあなた[…]

洋室なんかは、フローリング床が無難かもしれませんが、色にこだわったり、子供部屋なら、無垢のフローリングなら汚したりキズをつけたりする感じが、経年で味がでてきていいかもしれません。

寝室なら、夫婦の趣味や好みで材質や壁との色具合などで決めて、少しでも考える時間を持つことが大事です。

子供部屋や、寝室に関しては、使い勝手の上では、キズや凹みは、あまり発生しません。

なぜなら、使う人 使う頻度や使い方が、限られてくるからです。

これって、実際そうなんです。

問題は、リビングの床です。

リビングの使われ方は、何度も言いますが、過酷です。

●何しろ、頻繁に1日中出入りが激しい場所なので、その上、オールシーズン色々な敷物で邪魔をし、夏は、いぐさのカーペット、冬になればホットカーペット(我が家は、ガスの床暖が標準装備ですが、入居して2回しか使用してません)が、床を覆います。

その他ありとあらゆる物達が、散乱する中で、掃除はしにくいわ、ワックスかけするにも、物を動かさないと出来ないわ!物を落とすわ!食卓の下や、キッチンまわりの床などはいろんな落下物で、フローリングも疲れ果てた状態が入居してから今までの現状です。

●そんな、フローリング床にしている過酷なリビングの床なんだと最初に理解していれば、結論!気休め程度でしかないと判明したワックス塗り!

今までワックス塗りでなんとか、キズや汚れは持つだろう!?いやもっとピカピカ☆☆にしなければ(;゚ロ゚)と、必死のパッチで頑張ってきました。

今回とうとう、我が愛犬の登場によって毎日必死でリビングをかけまくっている姿を見る度に、これってやばいよなと思うようになりました(O_O)

フロアーコーティングで結局は、家って人だけでなく『わんちゃん』にとっても快適!

何が『やばいよな』って、我が家の愛犬が、リビングの床を走り出して床の上を制動できずにすべってることがです!やばい!!

なので、いち早く我が嫁は、廊下は、もちろん、リビングの上のカーペットや、ソファーで隠れていないフローリングの見えている床を所狭しに 滑り止めの付いた、ぺたぺた貼れる正方形タイプのカーペットを買ってきて貼り付けたのです。

それはそれで、多少の効果はありますが、完璧ではありません。

しかもそんなカーペットごときでは、向かう所、敵無しのわが愛犬にしてみれば、関係ございません!

このカーペット作戦も時間との勝負で、何回も交換ポイ捨てです。

その上見た目もきたないし、埃が毛玉になってカーペットの上に引っ付くあまり、密着しすぎて掃除機でも吸い取れません😔

それで、考えるに、今までのワックス塗りは、確かに一時的にピカッ✨となって汚れも一瞬ですが、落ちやすいです。

キズも少々であれば、上塗りされた保護膜のせしでしょうか?防げる印象です。

しかし、それも時間の問題と、いつしか、埃や長年のフローリングに密着した、汚れ、元々のワックス汚れが残ったままの上に上塗りしてしまいがちになります。

ついでに、サッシの前約20センチとサッシ幅分1800くらいは、太陽光によって何色?って感じに変色しとります>*0*<キャアアッ

ほぼ、機能不全状態で、メンテナンスの意味も何もありません。

しかもわんちゃんの滑りにも!!

こんな、一番使用頻度の高いリビング床を保護しいの、いつまでもキレイに✨その上掃除しやすい👍方法ってあるの(?_?)

コレが解決出来れば、人間さんにとっては、キズや汚れを気にせずに、そして室内犬にとっても、脱臼や骨折、健康面でも安泰で、人と犬たちと共存共栄快適空間間違いありませんのでは?

ありました🙆

UVコーティング  20年もち多分?

しかも新築と同時が効果てきめんかも(業者により20年の保証つきなので)

さらには、施工がいついかなる時でも肝心要なので要注意です。(私も外壁から住宅設備や内装工事などいろんな職人さんを使って長年監督をしております関係でよく分っているつもりです)

大体保証を何年するとかも公に謳っていれば間違いないです。

しかも、保証なんて長くても10年未満しか大きな声では言えません!!

そんな床へのコーティングで家の中が、小型犬にとって雨の日でも快適ドッグラン。

人間にとっては、キズや汚れへの精神的負担撲滅につながれば、家のレイアウト好き放題にコーディネートできます。

まとめ

フローリング床は、各メーカーあるいは、ハウスメーカー各種取りそろえています。

また、ペット用の床材もタイルやフローリング材でも色々選べます。

ですが、人間の居住に完璧に耐えられる、しかも長年にわたって日本人特有の美の意識やキズ汚れを防いで満足を提供出来る床材は、無いに等しいのでは?

それならば、その床材をもう一手間かけて保護すれば、悩み解決ではありませんか?

現代は、選択自由に色々な家の価値を付加してくれる商品やサービスに溢れています。

あなたの愛犬 猫ちゃんは、それを望んでいます。

最新情報をチェックしよう!
>賃貸でも持ち家でもおしゃれに着せ替えて栄養を与えましょう

賃貸でも持ち家でもおしゃれに着せ替えて栄養を与えましょう

CTR IMG