家を建てる場所の決め方と長く住める場所の探し方教えます!

  • 2022年2月4日
  • 2024年2月10日
  • ハウス
  • 1022view
家をどこで建てたら良いか?悩んでいませんか?
新築や住み替えを検討していれば、住む場所を間違えると長く住めばすむほどデメリットしかありません。
私が今住んでいる場所で、最初は、何も思わなかった住む場所を、もう17年も住んで分る実体験からおすすめの選択場所を解説します。
この記事を最後まで読めば、家の中味も大事ですけど、それ以上に住む場所の選定が、セットで家の価値をもっと高めてくれることになります。
アフィリエイト広告を利用しています

家を建てる場所は、住むと『くらし』のための場所です!

家づくり代行【イエストマッチ】

家の外観や内部の仕様を何にするかは、新築前は、わくわくな気持ちが一杯で家族会議などをしていても、楽しいことの連続ですよね?私もそうでした。

ここで、ちょっと待った!

家の内装や設備を何にするか『住む』?の話し合いよりも、早めに決めておいた方が良いのが、建築場所『くらし』です!

今からお話しする建築場所のおすすめポイントになるのは、2~3年とかの短期ではない、10年~20年、もしかしたら30年以上の長期になる場所の事です。

そりゃそうですよね、新築って長期にその場所で生活する前提で、購入しようとしているわけですから!

その長期が、私もそうでしたが、新築を建てると決めたときには、長く住む概念が頭の中には、ありませんでした。

正確には、長期の住宅ローンを支払う事は、頭にありましたが、金銭の支払いと長く住む場所との関係は、全く頭の中で連動していませんでした。

なので長い住宅ローンを支払うのであれば、家の価値とともにその建築場所の周辺環境があなたのライフスタイルに合っているか、確認しましょう!。

そして、将来のライフスタイルが充実できそうな価値ある建築場所かどうかを念頭に入れながら、ローンを支払っても良いかどうか決めましょう!。

家の中で住むのと暮らしていく事はセットで初めて家の価値が高まり相乗効果を発揮します。

この考え方があれば、きっと後悔することがないと断言します。


住むための住み心地は、家の中の設備でも決まります ↓

関連記事

システムバスの今と昔で何がどう違うのか?癒やしの空間を私以上に癒やしてもらうために、ユニットバスの選び方に悩んでおられるあなたにお伝えします。 新築でもリフォームでもユニットバスを選ぶ理由 各メーカー各サイズごとに内[…]

あなたの現在のライフスタイルから建築予定の周辺環境を確認しましょう!

これから家を購入するなら、まずは住みたい場所のリサーチを徹底的に行ないましょう!

そしてライフスタイルは、いずれ数年ごとに変化します。

そんな変化の起きるライフスタイルに適応していける環境を見つけるための14箇条を念頭に新しい生活舞台を探していきましょう!

マイホームの場所が決まらないあなたへチェックリスト14項目!

  1. お子様をお持ちであれば、近くに保育園や小学校、中学校、塾があるか?高校もあれば一応調べる。
  2. 旦那さんが、毎日通勤して仕事へ行くのに建築場所から徒歩圏内に駅があるか?
  3. 徒歩圏内に駅があるかどうかは、いずれ大きくなるお子様も高校や大学へ通うようになれば必須です。
  4. 開業医、例えば一番よくお世話になる、内科、小児科、歯医者、が徒歩圏内にあるか?
    【つい最近初めてコロナに感染し(今は5類になりましたが)このようないつ感染するかわからない病気をすぐに診てもらえたので、家から近く(徒歩圏内)の特に内科の診療所があって本当に良かったと最近すごく感じました。
    結構近くに開業医があれば家族やあなた本人も便利で助かる住まい環境の事例です。】
  5. 多少遠くても総合病院が近くにあれば、④以外の病気をすぐ診てもらえるので確認する。
  6. 必須になる銀行や郵便局、宅急便などを夜中でも出せるコンビニがあるかどうか?
  7. 意外とあれば便利な、弁当屋(お家ごはんを作れないときなど)やコインランドリーなどのチェーン店。
  8. 出来れば徒歩圏内に1件でもあれば重宝する生鮮食料品などを提供している安価なスーパーが立地しているか?
  9. 家族で暮らしていると、家事を省いて、たまには外食ですませたい回転寿司や安価なチェーン食堂などがあるか?
  10. 何かと便利なホームセンターや家電量販店が近くにあるかどうか?
  11. 近くには無くても良いが、美容院とかフィトネスクラブなど必要な時に不定期に利用できる施設があるかどうか?
  12. 私の経験で、今住んでいる場所が長くなるにつれて気づいたことがあり、最大の気づきが、散歩やサイクリングができる、体を動かせる程良い環境が周辺にあることです。

    ストレスの発散や、特にコロナ渦以降、在宅勤務も根付いたこの時代においては、すごく必要なのが、この周辺環境です。
  13. もう一つ周辺環境で言えば、ここ最近になり愛犬を飼いだしたので、お散歩が、しやすい環境が周りにあるので、すごく助かっています。
  14. 最後に補足にはなりますがこれも経験上、子供が小さい間は、近くに実家があって子育ての面倒を見てもらえる場所が良いと思います。

    しかし、あくまで長期に暮らすことを考えれば、⑬までの条件は、子育てとを天秤にかけても結局、子育ても僅か数年の我慢で時間が解決してしまいます。


    子育て後には、より良い利便性が周辺環境に求められますので、重視すべきは、長期の暮らしやすさの方です。
関連記事

大手住宅ローン専門金融機関のアルヒ株式会社が発表した 本当に住みやすい街関西2022年の1位西明石を 昔から知っている西明石と今の街がどう変化したのかを検証してみた この記事では、明石の隣町西明石が住みやす[…]

以上のようにリストアップしたものを眺めて、そんな、コンパクトシティーじゃあるまいし、徒歩圏内でとか考え出したら、そんな便利な環境なんか、あるわけないだろ!と言われそうですが、まずは、この環境を探すことが、新築のマンションや戸建を考えられていれば、今からでも遅くはないので即検討して探してみましょう!

特に新築を検討される年代は20代後半から30代前半の割合が多いので、ちょうどあなたのような方には、特に検討をされることを強くおすすめします。

なんと言っても長期で暮らすが、キーワードになりますので、ローンの支払いは、家が、どんどん古くなるのを考えれば、環境がそれを補ってくれるので、結局は、家の売却時にも損はしません。

住宅ローンや固定資産税をあなたの家の空きスペースを貸して少しでも負担を軽くするならこの記事もおすすめ

関連記事

家を建てたあなたの敷地を借りたいと言われたらどうします? しかもお金まで払いますよと言われたら? 払いますよと言われてもマイカーもあるし物も置いてるし しかもお金なんかどうやって受け取るんですか? […]

結論は、利便性のある環境で家探しができるかどうかが決め手です!

マンションか戸建かで悩んでおられればこちらの記事が参考になります ↓

関連記事

大規模マンションから住み替えで今は戸建てに住んでいます。私の経験からマンションと戸建てでは、どのような違いがあるかを解説します! これから新築で一戸建てを買うか?マンションを買うか?で悩んでいるあなたにどちらが将来、あなたとあ[…]

環境が良くて便利でしかも、都心にも近い場所があるのか?実例

私の住んでいる場所は簡単に書くとこんな所です。

家→(徒歩12分)→最寄り駅→(10分)→ターミナル駅→(急行で20分)→都心(ちなみに大阪梅田です)まで

約45~50分あれば、便利な都心へ到着します。


ただし私が家を購入した場所は、今から17年前くらいですが、それはそれは、周りが山に囲まれた結構な田舎でした。

当時引っ越してきた、翌年は、花粉に悩まされ、2階のベランダが黄色くなるほどで、体調がおかしくなるくらい悩まされた花粉を運んでくる山が周りにあります。

かつ田舎なので田畑が結構あって野焼きも頻繁にありましたので洗濯物が、野焼きの匂いが付いてしかも家の中にまで匂いが入るほどすごかったです。

今では、野焼きも原則禁止となり、花粉もここ数年それほどではなくなりました。

関連記事

大規模宅地分譲地なら新生活にふさわしい環境と考えてるあなた ちょっと待って下さい 不動産広告の甘ーいきらびやかな宣伝文句に引き寄せられていませんか? この記事を読めば、何を基準に大規模宅地分譲地で家を本当に[…]

都心から50分離れた場所です

このような環境でも、都心から割合に近いこともあり、周辺は、新築の戸建がみるみる増え、田畑も宅地になり、数えるだけでもこの辺に住み始めてから300棟くらいは、周辺1km圏内に建ちました。

と同時に、年数に比例して、イオンスタイルなどの商業施設や、こんな所に?と思う近くに、かの有名なドンキさんも出来上がり(上の写真からすぐの所に出来ました)また、生食パンの店や、ドラッグストアー、など便利な施設がどんどん出来上がってきました。

この環境を予想して今の住居を構えたわけでは、なかったので、元々の環境自体は、自然が豊富にあるところでしたから後付ではないですが、自然と利便性が、合致した、今では、良い場所を、選択したと思います。

もう1枚私が住んでいる場所から近い神社の休憩所です。

長く住んでいると、既に説明しましたが、愛犬との散歩に利用できて、便利な環境になっています。

住むとか、暮らすとかは、周辺環境が充実していればこそだと、最近になって気づかされた、写真での事例です。

犬の散歩にも利用する周辺環境

お店などは、写真では、お見せしませんが、住居から徒歩でも15~20分歩けば、色々な種類の施設や店を利用できる位置にあります。

新築で住み始めた頃は、そんなに、便利な店がないので、やはり車で出かけて用を足すことが多かったです。

結論は、長期になればなるほど、便利さは、徒歩圏内で完結できるのが、住むと暮らしの両面を生活で一番実感出来ることが分ります。


周辺環境と立地以外にも、実際に建てる家の土地選びも大事です  ↓

関連記事

新築を建てようとお考えのあなたが、土地から探さないと家が建てられないと思っていませんか? いいえ、土地とセットの分譲住宅地なら悩まずに注文住宅を手にすることが可能です 土地と建物がセットで販売されている分譲地を選ぶメ[…]

具体的に現在と将来の便利な施設の確認で住む場所を決める方法!

一番最初にすべきことは、新築場所の候補があれば現地に行って、周辺を確認する事です。

  1. 駅が近いか?
  2. 幹線道路が近くに走っていて、両方向に拠点になる町に通じているか?
  3. 現在進行形で戸建やマンションが目立つくらい建設されているか?
  4. どんな施設でも良いので既に何か建築されている住居以外の建物があるかどうか?
  5. 一番分りやすいのは、人の流れや、多くの住人さんが、徒歩でも自転車でもバイクでも車でも良いので、活気が感じられるくらい、人の気配を多く感じるか?
  6. 実際の場所にどんな施設が既にあるかを確認する。
  7. 便利な施設や店以外に、散歩やジョギング、公園や、川、神社や見晴らしの良い場所などリフレッシュできそうな場所があるかも、余裕を持って探してみましょう!
  8. 現地に行かない場合の別の調べ方で、候補地周辺の商業施設の開発予定情報や地域の開店、閉店情報をネットで調べてみる。

これに加えて、次のような確認の仕方もあるので参考にしてみては、いかがでしょうか?

ロケスマという便利なアプリがあります。

PCでも見れますので周辺環境の現在の情報や最近オープンした店や施設などの情報も確認できます。

また近い所以外にも、広範囲で便利な施設があるか無いかも確認できますので、これら情報アプリなども利用して住むべき、場所の選定を色々な角度から検討してみてはいかがですか?きっと役に立ちます。

賃貸で暮らす場合にも住む場所は、よく考えた方がよいですよね、大阪や兵庫で賃貸物件をお探しの方はこちらの記事を参考にされてみてはいかがですか?↓

関連記事

大阪や兵庫で賃貸物件をお探しのあなたにおすすめのサイトをご紹介します お部屋を見に行く時間や費用がない遠方からのあなた 関西にお住まいのあなたはもちろん、 物件も豊富で、見やすくしかもオンラインで内覧可能な[…]

同じ賃貸でも東京に事情があって暮らすとなればこちらの記事も参考になります。

関連記事

『一歩踏み出す』それは、勇気と希望に満ちた選択です!そんなあなたに この記事を読んで欲しい人は、こんなあなたです。 何しろ東京に出て自立の為に実家を離れて暮らすと決めた!(あなたの夢を応援したい) 縁あって東京へ転勤も[…]

住まいのご相談はこちらのサイトを参考にされてみてはいかがですか?


まとめ



新築を建てて住もうとすると、若ければ若いほど、便利さの認識がスマホなどに代表されるように、勘違いして手に届く範囲にあると錯覚しがちです。

●住むとか暮らすとかは、スマホの中の情報とは違い、生身の人間が、家から一歩外出して、より近ければ近い所に便利な施設が利用できて、しかも良い環境が周辺にあればあるほど家の価値を最大限に感じることが出来ます。

●そんな、住むべきあなたにとっての一番良い周辺環境をしっかりと調べてより良い住まいを実現していきましょう!

理想のローコスト住宅を建てるコツとは?【住まいの窓口】がサポート





最新情報をチェックしよう!
>賃貸でも持ち家でもおしゃれに着せ替えて栄養を与えましょう

賃貸でも持ち家でもおしゃれに着せ替えて栄養を与えましょう

CTR IMG